【滋賀】自家製ダレ×熱々出汁の近江牛のひつまぶし

ひつまぶしと言えば”鰻”のイメージだけど、お肉のひつまぶしって一体どんな感じなのー?

滋賀県の名物といえば、近江牛のイメージが強い人は多いですよね!
今回訪れたのは、滋賀県でみつけた、近江牛ひつまぶし定食が食べられる【一休 IKKYU】です。

近江牛ひつまぶし

場所は、静かな琵琶湖沿いをやや中央に通り抜けた、彦根市街ど真ん中、ここら辺では結構都会になります!(失礼笑)

車量や人は割と多く、飲食店やファッション街などのお店が充実した通りです。
【一休 IKKYU】は、【フレンドマート】というスーパーの向かいにありました!

お店の看板も、この角にあります!

近江牛の看板を覗かせた、ちょっとだけ狭い道を入るとすぐ目の前にお店があります。この時は午後のOPENの5時に行きましたので、がら空き。

市街地で、一軒だから見つけやすい!

遠目からみてもわかりやすいのですが、入り口にはこんな大きな”牛ひつまぶし”のポスターがあるので、通りすがりでも目にとまりますね!近くでみると食欲をそそるド迫力(笑)

中に入ると、広くて明るすぎない証明もよかったです。また、コロナ対応ですべてのシートに仕切り、がついているか、高さのある背もたれで区切られています。

深い仕切り背もたれソファー席

コロナ禍でなくとも、こうして全席にプライベートをゆっくり楽しめる仕切りがある店内って嬉しいですね♫

カーテン仕切り席

一休 IKKYU

店内には、とても感じ良いスタッフさんが一人いて、接客してくれました。
ふとキャッシャーの側に目をやると、近江牛が販売されていました。
レストラン内に、こんなにドンっと塊の肉が展示されているとは驚きです。

肉の中にプリンもちゃっかり。なぜ。

メニューには、近江牛をベースとした料理がたくさん載っています。
どれも気になったのですが、やはり初お肉のひつまぶしを堪能しようと決意。
スタッフさんも、「牛ひつまぶしがいちばんのオススメ!」と教えてくれました〜!

空いていたのもあってか、10分程でお料理到着!こちらは私が注文した並サイズですが、2500円でも頼めますので普通じゃ足りないかな、と思う方はぜひ♪

近江牛ひつまぶし並 1600円

 

一休の自家製ダレが染み込んだ赤身の近江牛が鮮やかです♡食べ方は、みなさんご存知の鰻ひつまぶしと一緒で、まずはそのままのお肉の旨味を楽しんでください!

赤肉が眩しい…

ほんのり甘みの効いた出汁醤油が、柔らか〜い赤身とマッチして染み渡ります!美味しくて、お肉単品でもう全部たべちゃっていかな??って思ったけど、それでは”ひつまぶし”の意味を伴わないのでせっかくだから出汁かけました〜!

お肉と出汁を一緒に食べると、お肉の脂が出汁で洗わられて少しさっぱり感がでます(◠‿・)薬味が、ミニネギとライムと柚子胡椒と、クコの実?!
なんかわからない謎の実がついてたんだけど、これが見た目とは裏腹に、お肉にのせるとちょっとスパイシー感が増して美味しかったです(◡ ω ◡)

潰すとちょっと濃い味(笑)

ちなみに、薬味と出汁はおかわりできるので、多めに使うタイプの人には嬉しいですね♫

ひつまぶしのお肉、もっと食べたかったから上にしてご飯減らせば良かったなーと(泣)今回食べた並は「極少食です!」の人向けな気がしました。それだけ、お肉が美味しかったということ(。•̀ᴗ-)✧

ステーキも近江牛握りもあったので、胃に余裕があったら、近江牛づくめでお腹いっぱいにして帰っちゃってください(ㆁωㆁ)


店舗情報

店舗名 近江牛・黒毛和牛専門店 一休
住所 〒522-0052 滋賀県彦根市長曽根南町483−2
Map http://〒522-0052 滋賀県彦根市長曽根南町483−2
営業時間 11:00〜15:00 16:00〜20:00
公式サイト https://www.instagram.com/ikkyu_bellroad/
お肉を濡らして食べる、っていう発想はなかったけれど、出汁との相性が意外と凄く良くて、美味しいです!!こちらの定食屋さんは、近江牛のレアステーキ、握りもメニューにあったので、ぜひ食べてみてくださいね、